本文へスキップ

 仕事、家族、人生のこと ご相談ください

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.029-225-8580

水戸市桜川2-2-35 産業会館14階

カウンセリング講座風景

2018.12.15

 入門コースの3回目は、心理療法家の鈴木研二先生が「泥沼モデルと心の旅」というテーマでお話しくださいました。先生自らの体験をもとに、心の泥沼とどうつきあうかを分かりやすく説明してくださり、受講生の方々も先生のお話に引き込まれているようでした。質問や感想もたくさん出ていました。

「みなさんが今日していたことがカウンセリングです。私に世間話や指導をするのではなく、
 関心を持って熱心に話しを聴いてくれていた。だからみなさんもカウンセリングができます。」
という言葉を聞いて、「そうか。できるかもしれない。」と思った方も多かったのではないでしょうか。

 次回の講座は年明けになります。みなさんよいお年をお迎えください。



2018.12.8

 体験学習コースの2回目を行いました。今回のAコースのテーマは「マインドフルネス」。私たちは四六時中考えごとをしているので、その思考を静めるために、味覚、触覚、呼吸に意識を向けました。チョコレートやすっぱいグミを口の中に入れてゆっくり味わうだけで、感覚が拡がり、意識が深まりました。手のひらや足裏でいろんなものに触れるという体験も新鮮でした。呼吸瞑想はちょっと難しいので練習が必要ですね。
 
 Bコースでは、参加者の中から前半と後半で1人ずつ、話題を提供していただき、エンカウンター・グループを進めました。話は、今年1年を振り返って、最近気になっていたこと、夢、思い出、価値観、等様々に広がりました。話題を提供してくれた方も他の参加者の方も、それぞれに色々なことを感じ、考える、そして自分を見つめ直すような時間になっていたのではないでしょうか。話題を提供して下さった当番の方、ありがとうございました。次回もどのようなグループになるのか、楽しみです。


2018.12.1

 第2回レクチャーコースは、「生き様、そして自と他」というテーマで、東海学園大学の神谷正義先生にお話しいただきました。年齢を重ねて大事になってくることは、きょうよう(今日用がある)と、きょういく(今日行くところがある)など、仏教の教えや保護司の活動の中から先生の大事にしていることをわかりやすい言葉で話してくださいました。動きが減ると元気がなくなるので、動くこと、深い呼吸、優しい言葉を使うよう心がけることなど、日々活かせるヒントをたくさん聴かせていただきました。

               


2018.11.24

 入門コースの第2回目を行いました。前回に引き続き、永原カウンセラーが「カウンセリングを学ぶよろこび」についてお話しました。途中に「質問タイム」を設け、永原カウンセラーに聞いてみたいことを記入し、いくつかの質問に応えてもらいました。
 第3回目の入門コースは12/15(土)です。この回のみ第3土曜日です。心理療法家の鈴木研二先生が「泥沼モデルと心の旅」というテーマでご講演します。質問する時間もあると思うので、心に響いたことを聞いてみてください。


    

2018.11.17

 2018年度の体験学習コース1回目を行いました。初めて参加する方、昨年からの顔なじみの方、数年ぶりの方もいました。これからどのような出会いや発見があるのか楽しみです。
 Aコース「こころのリフレッシュ」では、3人組みになって「こころのストレッチ」というワークを行いました。いくつかのテーマ(例:名前の由来)にそってひとりずつ語っていくものです。「名前の由来なんて普段話すきっかけがないけれど、テーマとして決まっていると話しやすいね」という感想もありました。確かにそうだなと思います。今回は知らない人同士でやりましたが、知り合い同士でやるのも面白いと思います。意外な一面を知ると親密度はアップしますよね。
 Bコース「通いのエンカウンター・グループ〜」〜あなたに出会い わたしに出会う〜 は、9名の参加者の皆さんとスタートしました。初回なので少し緊張もありましたが、前半は和やかな雰囲気の中で参加動機などを分かち合いました。後半はさっそくエンカウンター・グループを実施しました。話題を提供して下さった方が感じておられる気持ちや感覚、その背景などを、参加者の皆さんが「理解したい」「わかりたい」という姿勢で質問されたり、「自分の場合は〜」「自分の場合も〜」という視点からもお話して下さいました。あっという間に終了時間になってしまったように思います。次回からは参加者の皆さんが当番で話題提供者になって下さり、グループを進めていきます。


2018.11.10

 2018年度のレクチャーコースが始まりました。今年度の通しテーマは『いのちの多様性〜ひとりひとりのいのちの輝き〜』です。
 第1回目は「当事者研究への招待」というテーマで東京大学先端科学技術研究センターの熊谷晋一郎先生にご講演いただきました。
 先生ご自身が体験した身体の痛みについてのお話(この痛みさえなくなれば…との思いから何か所もドクターショッピングをしたのち、信頼できる医師にこれまでの人生のつらさ、しんどさなどを話し受けとめてもらったことで身体の痛みがやわらいでいった)は、まさにカウンセリング体験のように感じました。当日は、60名以上の受講生のみなさまが熱心に耳を傾けて聴き入っていました。

             


2018.10.27

 2018年度のカウンセリング講座がスタートしました。入門コース、レクチャーコース、体験学習コースと順番に始まっていきます。
 10/27(土)は、入門コースの第一回でした。70名近くの方からお申込みがあり、大会議室がたくさんの人でにぎわっていました。
 今年度のテーマは「カウンセリングを学ぶよころび」です。初回は副理事長の永原カウンセラーがお話しました。途中、鐘の音に耳をすませたり、ペアで話をする時間もあり、あっという間に時間が経っていきました。
 次回の入門コースも永原カウンセラーが登場します。質問する時間もとる予定なので、一回目で分からなかったことなど、何でも聞いてください。
 

              
 

2018.10.13

 カウンセリング傾聴セミナーが行われました。カウンセリングで一番大切な「カウンセラーの姿勢」を講義や実習で身に付けていきました。はじめて会った人同士で「聴き方」の練習をしましたが、みなさん真剣に、かつ、楽しんで実践されていました。
 「寄り添うことの大切さを痛感した」「まるごと話を受け入れてもらえて本当に心地よかった」「人の温かさを感じられた」などの感想をいただきました。みなさんよい時間をすごせたようです。
 傾聴セミナーのもうひとつの楽しみは「お弁当」。「おいし〜い」の声があちらこちらで聞こえてきました。